長崎の旅3日目vol.1-大浦天主堂、外海(そとめ)地区
長崎の旅3日目vol.1-大浦天主堂、外海(そとめ)地区

::::::::::
神戸でプリザーブドフラワーのネットショップを運営しております
花屋 嫁寿*kaju(かじゅかじゅ)の店長「kaju」のブログです!
お花のお仕事や、神戸のグルメ、旅行etc..楽しい話題をいっぱい発信します♪
::::::::::

長崎の旅1日目-出島・長崎港-はこちらから
長崎の旅2日目-平和公園・雲仙・イルカウォッチング-はこちらから

::::::::::

長崎旅行3日目は泊まったホテルのほど近く、大浦天主堂(なんと、国宝!!)から始まります♪
大浦天主堂は、日本で初めて1597年にキリスト教弾圧によって処刑された26人の方々に捧げられた教会なんです。その中には子供も3人いたそうです。処刑が行われた西坂に向かって建てられています。
大浦天主堂 大浦天主堂 大浦天主堂

江戸時代末期、禁教令がゆるくなって初めて建てられた教会がここ、大浦天主堂です。江戸時代の間、約250年ずっとキリスト教は禁止され弾圧されていたから、キリスト教は絶えてしまったと思われていたのに、浦上に住む隠れキリシタンの人たちが"マリア様を拝ませてください"と、こっそりやって来たそうです!当時の神父さん、プチジャン神父はものすごく喜んで、このことをローマ教皇に知らせたそうです。教皇は感激して「東洋の奇蹟」と呼んだそうです。250年間も代々受け継がれたってスゴイですよね。何かを信じる力って、ものすごいパワーになるんですね!!

ここ大浦天主堂は中がまた素敵!!建物内はこんなかんじです!
ステンドグラスを通して入ってくる光が本当に神秘的!!こじんまりした教会なんだけど、建物や彫刻のひとつひとつがものすごく凝っていて、すごく人の手の温かみを感じるんです!この日もスケジュール詰め詰めだったので急がないといけなかったんだけど、ずっとここにいたい!と思うくらい居心地の良い教会でした♪

後ろ髪をひかれながら。。お次は東山手地区へ!
有名なオランダ坂を上り、東山手の異人館へ!
オランダ坂 異人館
この辺りに外人さんが住み始めたころ、日本人は西洋人のことを"オランダさん"と呼んでいたらしく(アバウト)、オランダさんが行き交う坂ということで、オランダ坂と呼ばれるようになったんだそうです。後で調べたら、ここだけがオランダ坂だと思っていたら、この辺一体の石畳の坂をオランダ坂と言うみたいです
がっかり名所のひとつだって聞いたけど、kajuはここの雰囲気は大好きです♪映画のワンシーンみたいで
東山手はどこを撮っても絵になります
東山手異人館 東山手異人館 東山手異人館

そろそろお次の目的地、外海(そとめ)地区へ!
東シナ海に臨む外海地区。海に落ちる夕日がきれいなことでも有名です。今回は夕日は見られないけど、海沿いのドライブと、こんな田舎にも(失礼ですが)とっても素敵な教会があるそうなので行ってみることに!
これが東シナ海です!!海と緑のコントラストが美しい!
P1090247.jpg

まずは出津(しつ)教会に行きました。
出津教会 出津教会
本当に田舎です。海があって、山がある。。こんな所にこんな立派な教会があるんです。。この教会はドロ神父という方が設計・施工されました。ドロ神父は、当時(明治初期)貧しかったこの町の人々のために、母国フランスの農耕用具や機織り機を持ち込んだり、日本初のマカロニ工場を作ったり、病院を作ったりしたそうです。貧しいこの町の人々が自分の町で生活できるように尽力した人が、ドロ神父なんです!ドロ神父のこんな深イイ話もあります♪

教会から5分ほど歩いた所に、ドロ神父記念館があって、ドロ神父の像もあります。
出津教会 出津教会
長崎の教会群とキリスト教関連遺産は、世界遺産の暫定リストにも入っていて、その中に出津教会も含まれているんです!
興味ある方はこちらの動画をどうぞ!

そろそろお腹がすいてきて。。
出津教会の近くにある、道の駅夕陽が丘そとめへGO!
ここからも出津教会が見えました!写真の右側中ほどにあります。遠くから写すと立地がよくわかりますね♪
出津教会 夕陽が丘そとめ バイキング
道の駅夕陽が丘そとめのランチバイキング(1000円)をいただきましたー!ドロ様が伝えたドロ様そうめんをはじめ、地元の食材を使った郷土料理あり、洋食あり、中華あり。。いろんなものを食べられて、すっごく得した気分&おいしかった~!ごちそうさまでした♪

この道の駅夕陽が丘そとめのすぐそばに"遠藤周作文学館"があります。作家の遠藤周作さんはご自身もキリシタンで、キリスト教に関する著書が多く、代表作"沈黙"はここ外海地区を舞台に描かれているんです。江戸時代、キリスト教弾圧下の宣教師と隠れキリシタンの悲しいお話です。言葉は簡単だから読めるんだけど、そこに隠された意味はものすごーーく深いです。今読むのと、また何年後かに読むのとではとらえ方が随分違うような気がする。。そんな本です。

お次は、同じ外海(そとめ)地区にある黒崎教会へ!

またまた海と山に囲まれた所にレンガ造りの素敵な教会が!!
黒崎教会 黒崎教会 黒崎教会
明治後、禁教令が解かれてキリスト教を自由に信仰できるようになると、隠れキリシタンの人たちが次々に教会を建てたそうです。そのために、こんな田舎に(失礼だけど。。)こんな素敵な教会が長崎にはたくさんあるんです!

素敵な教会に心奪われ。。夢見心地に。。。。なってるヒマがない!!
次の軍艦島ツアーの時間に間に合わないかもーー!!
急げーー!伊王島へ(軍艦島ツアーの乗船場所)!!

次回、軍艦島ツアーをお楽しみに♪


::::::::::

ブログを気にいっていただけたら、ぽちっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ

::::::::::
スポンサーサイト

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

【 2011/10/12 14:09 】

| 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<南極大陸 観測船 | ホーム | 長崎の旅 2日目-平和公園・雲仙・イルカウオッチング->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://878kaju.blog71.fc2.com/tb.php/100-74399d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |